業務内容

● 圧送工事

圧送工事は、ミキサー車で建設現場に搬送された生コンクリートを、ポンプ車を使用して、油圧により所定の型枠に生コンクリートを圧送(あっそう)し打込む、建設専門工事です。

このコンクリートポンプ工法は、1964年以降の高度経済成長期に、従来のタワーカート工法にかわる大量打設の効率化・作業性の改善・作業の省力化工法として普及し、現在に至ります。

打ち込んだ生コンクリートが固まった際、設計値どおりの強度が必要であるため、「生きもの」である生コンクリートの品質を維持し圧送することが必要不可欠であるコンクリート圧送工は、十分な経験と高度な技術、コンクリートに関する知識が要求されます。
圧送工事

● 住宅基礎工事

建物を設置するために据える「土台」を構築する事をいいます。建物の荷重を地盤に伝達させる重要な部分の工事です。

住宅の基礎工事は、家を建てる際に最も重要な工事です。当社は、住宅基礎工事を専門でおこなっています。

住宅基礎工事で最も気を配るべき ポイントは、図面と寸分違わぬ正確な施工をおこなうことです。数ミリのズレによって、建物のバランスが崩れてしまうこともあるため、基礎工事完成後の検査 に加え、工程ごとのチェックも欠かさずおこなっています。
住宅基礎工事

お知らせ